work tool

沖縄の求人はこれだけ幅広い!コールセンター業務から建築関係まで

沖縄で多くの求人を探そう

最近沖縄では様々な職種の求人が取り上げられています。デスクワーク系の事務業務や建設関係の業務、また、多くの観光客が訪れる事から、外国人向けの事業も多く集まっています。そんな沖縄で、自分に合った求人を探すことが出来れば、充実したライフワークを楽しめるでしょう。

新聞配達の求人でよく耳にする質問

未経験ですが大丈夫ですか

新聞配達のスタッフの半分以上が未経験の入社です。そのため、先輩スタッフも皆同じ道を辿ってきているため、わからないことは気軽に相談することができます。また、女性も勤めている職種となるため、やる気があれば採用可能です。

仕事が決まるまでどれくらい時間がかかりますか

通常は履歴書を送っていただき、面接という流れになりますが、受ける人によってはお急ぎの人もいるため、即日対応を行うこともあります。合否を急いで知りたいなどがある場合は、求人募集の際にその事をお伝えいただければ、対応します。

採用されないケースもあるんですか

新聞配達は体力が必要となってくる業務となります。そのため、心身ともに健康であることが、最低基準となっています。また、お客様に不快感を与えないように、身だしなみもチェックが入ります。心配な点がある場合は、応募の際に相談していただくことによって、ケースバイケースで対応することができます。

コールセンターから建築まで<様々な職種の求人を沖縄で探そう>

男女

配達以外にもこんな仕事が大忙し

新聞配達以外にも、最近では大工や建設の求人も多くなってきました。オリンピックが近いことから、様々な建築物が作られており、建築や設計を行う建築業者が忙しくなっています。また、木造の建築物には大工業者も大忙しとなります。また、イベントなども多くなってくるため、大道具スタッフなども多くの求人を出してきます。

大工になるには下積みが必要

大工業者は木造建築物を作る職人とも言えますが、特別な資格などがあるわけではありません。しかし、大工としての実績を積むことが必要です。一般的に、一人前の大工になるには最低でも3年はかかると言われています。親方と呼ばれる監督役の元で経験を積む事で、多くの知識を得て、現場を任せられる一人前になります。

建設業は様々な求人に溢れている

一言で建築と言っても、その職種は様々なものがあります。土木工事や解体工事、型枠大工や鳶工など、多くの職人が建築業に携わっています。そのため、各職種で求人も多く出されています。見習いから始めるものもあれば、作業員として事務仕事を行うものもあります。建築の職種を知ることで、自分でも建築に携わる求人を探すことができます。

モノづくりを楽しむことが一番

建築業でも大工業者でも、共通して言えることが、「モノづくり」を楽しむということです。モノを作り出すことで、自分達の考えや心を作り出すことになります。そのため、完成した時の達成感は、大きなものになります。

求人を探す際は自分に合った楽しめる職種を

全国的に多くの企業が、多くの求人を出しています。その中で、いかに自分に合っている求人を見つけ出す事が出来るかが、大事になってきます。自分に合った仕事が楽しいと感じることができる時こそ、自分自身のライフワークとなっていきます。