東京で寮付きの貿易事務の求人を探してみよう

work tool

海外との関わりも持てる!東京で寮付きの求人を探すなら貿易事務

貿易事務ってどんな仕事内容なの

貿易事務とは、海外取引先との輸出入に関わる業務を行っている会社での事務になります。輸出と輸入で業務内容は異なってきます。輸出入に関しての法律や通関、船積み、外国為替などの専門知識を持ち、取引をスムーズにするサポート役が主です。

貿易事務での輸出と輸入に関する仕事を比較

国内から商品などを輸出する際の業務内容

貿易事務での輸出業務は、主に輸出通関手続きや通関書類の作製になります。また、運送便の手配なども、貿易事務の業務内容となっています。どちらにも共通する事ですが、海外の企業との業務になるため、英語の読み書きが必須となります。

海外から品物を輸入する際の業務内容

貿易事務での輸入業務は、主に輸入通関の手配、関税や消費税の納付、商品の納入管理などの業務になります。英語の他にも、ビジネススキルやパソコンスキル、更には語学や貿易の専門知識も、身につける事ができます。

東京で寮付きの貿易事務の求人を探してみよう

部屋

コミュニケーション能力が重要となる

文化や習慣、言葉が違う国での仕事となるため、意思疎通が上手く行かず、小さな誤解が大きなトラブルに繋がることもあります。また、天候や国の状態によっても、取引が大きく変化することもあるため、どんな時でも臨機応変に行動・対応を行う必要があります。そのため、コミュニケーション能力が重要な上、それを更に培っていかなくてはなりません。

貿易事務求人での悩み

いざ貿易事務の求人に応募しようとした際に、大きな壁となってしまうのは住宅です。主にデスクワークとなる貿易事務ですが、海外に行くことも多々あります。そういった時、マンションなどで長期間部屋を空けることが悩みとなるでしょう。そんな時には、寮付きの求人を見つけられると、大助かりです。また、東京などの都心になれば、業務にも差し支えはなくなります。

貿易事務求人でチェックする点

貿易事務では、多くのスキルが求められます。そのため、簡単に行える業務では無い事がわかります。そんな中、よくある求人広告の「未経験者OK」などの文字ですが、企業によっては意味が大きく異なってくる場合があります。「この業種で働くのが未経験で、事務業務経験がある」、「実務が未経験でもパソコンスキルは必須」など、様々な解釈があるため、一度求人担当に問い合わせてみましょう。

どれだけの英語レベルが必要になってくるのか

外国との仕事となる貿易事務は、英語が必須となってきます。そうなると、知っておきたいのが、「英語レベル」がどれだけ必要になってくるかです。貿易事務では、書類の多くが英文、またメールなどのやり取りも英語が中心になります。その為、読み書きのスキルは必要になってきます。しかし、高度なスキルではなく、専門の用語や言い方を覚えれば、業務は可能となります。また、電話交渉などもある為、英会話も必要になってきます。

貿易事務に携わった経験者達の声

これがこの仕事の醍醐味

毎日業務で英語を使用していたため、自然と英語が上達しました。最初は戸惑うこともありましたが、経験を積むうちに慣れていきます。英語力が上達していくにつれて、任される業務の範囲も広がっていきます。毎日新しい発見があって、新鮮な気持ちで働けます。

外国とのやりとりで様々なスキルを習得

実際は営業の人が交渉になるのですが、その過程の中で、自分自身も外国の人とのやりとりがあります。様々な文化を持つ国の人達とコミュニケーションを取り、国の情勢や為替動向などに目を向けることで、多くの知識を得ることができます。日本だけでなく、世界というフィールドで仕事が出来るのが誇らしく思えます。

この仕事はこういったところが厳しい

それぞれの国によっては、独特の時間の流れ方や仕事の進め方があるため、こちらが想定していた通りに進まないこともあります。当初に計画していたスケジュールも、天候や国の情勢で、進めることが出来ないこともありました。そういう時に臨機応変に対応できる先輩たちの仕事内容を勉強して、自分も繋げていこうと思っています。

お客様への要望に沿うのが難しい

業務を進める中で、お客様への要望に添えるように動くのも大切なことです。でも、文化や習慣、言葉が違うだけで、お客様とのやり取りがとても気を使うものになります。こちらの伝えたい事がきちんと伝えられない時は、誤解が生まれてしまうため、情報を明確に詳しく説明するよう気をつけています。

転職する前はこんな職種についていました

一般事務や総務事務など、オフィスワーク中心の仕事をしていました。物流関係の力仕事も経験があったため、もっと事務のスキルや経験を活かしてみたいと思い、貿易事務の仕事に就くことに決めました。また、書類上では分からない現場の状態なども目にすることができるため、多くの知識を学ぶことにも繋がりました。